こんばんは~


renの骨折から2か月半近くたった今日。

やっとこさ ギプスがとれました!

おひさしぶりrenの右足クン


取った後の写真を撮ったから

載せようか迷ったんだけど

あまりのアカの溜まり具合に

控えました・・・

renの右足の色はこげ茶になっていて

アカがめくれるくらい。

毛もふさふさに


ご想像にお任せいたします...




で、今のrenの状態は

完全ではなく ほぼ骨がくっついている状態。

ほふく前進はできます。

補助すれば立てるし 多少なら歩くこともできます。



リハビリは子供なので自宅で日常生活の中で行います。


ren~ がんばるよ~~~





今日はrenのお祝いもかねて

マンションママ友が集まってくれて

みんなで鍋パしてくれました


ありがと~~~


そのなかで あるお母さんがママ友さんに

「双子ちゃん連れて お兄ちゃんギプスしてるママさんはお友達?」

と 聞かれたそうです。


そう、私のコト。

「そうだよ。子供同士が同じ幼稚園でね。なんで?」

と返事をしたら


「お兄ちゃん骨折して 双子ちゃんいて
大変そうなのに なんで元気なの?」




正直、うちは集合住宅で

毎日いろんな人に会い

挨拶をして

顔見知りにもなったり。

私の気づかないtころで

色々な人が

私を見てるんだなと思いました。

ただでさえ 双子を連れてるだけで

目立ちますからねププッ


全くこっちは知らなくても

「双子チャン 大きくなったわね~」

と声をかけてもらったり。


見られてたっと思いました。




でもね。



今回の骨折した時にも

周りの人が沢山支えてくれました。

本当にこの年になって

友達のありがたみを痛感しました。

助けてくれる人がいるから

kanaoaが元気でいられます。



今週1才近くから通った

ツインズの会も卒業でした。

いつもいつも色々話すと「がんばったね~!」と

抱きしめてくれた保健師さん。


1年半 通い続けた保健所も

来週で卒業。

出会った 優しい保母さん。

毎回毎回子供のことを褒めてくれて

双子育児に苦悩してるのを

見抜くかのように

「お母さん、大丈夫だよ!」

と 声をかけてくれました。


妹のように支えてくれる

幼稚園のママ友。


何かあった時に真っ先に

相談にのってくれる 地元の友達。

もち、chuneっちも!


そして いつも忙しい旦那チャンも。



kanaoaは人に恵まれてるんデス




凹むのは1人で飲んだ時だけ
たまに悩みすぎると 家飲みで記憶飛びます





みんなのおかげで いつも元気です



ま、でも本当に本当に辛くても

表には出せない性格ってのもあるんですけどね



これからも元気に過ごせますよ~~~にっ







そうそう、ウサ服完成しました~~~

あとは デザインの問題デス・・・(←大事なとこが出来てない








人気ブログランキングへ